プライバシーマークとISO27001(ISMS)の違い

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページプライバシーマークプライバシーマークとISO27001(ISMS)の違い

プライバシーマーク

プライバシーマークとISO27001(ISMS)とには、どのような違いがあるのでしょう。

ISO27001(ISMS)とは情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格です。

プライバシーマークの取得に比べ、ISO27001(ISMS)は、時間、労力、コストがかかるという違いがあり、取得はなかなか困難と言われています。

まず、プライバシーマークは、個人情報に関する取組みを取引先から要求され、個人情報保護法対策を実施したいと考えている事業者向けであり、主に一般消費者向けの商品を扱っている場合に有効です。

一方、ISO27001(ISMS)は、国際的な取引があり、強固な情報セキュリティ体制を構築したいと考えている事業者向けであり、企業間の事業が主で、個人情報は扱っていません。

このように、プライバシーマークとISO27001(ISMS)とは、対個人であるか対企業であるかという違いがあります。

ISO27001(ISMS)の取得によって信用が大きく向上すると言うことで、どちらを取得するかと考える事業者も少なくありません。

最新記事