プライバシーマークの審査事項

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページプライバシーマークの取得プライバシーマークの審査事項

プライバシーマークの取得

プライバシーマークを取得するには、JIS15001に基づくコンプライアンス・プログラムを作成し、実施していることを審査してもらう必要があります。

このコンプライアンス・プログラムにおいても、認定に値するものを熟知して制作する必要がありますが、こういったプライバシーマークを取得するまでの一連の流れをサポートする会社があります。

お客様となった事業所の経営に関して、インタビューを元にコンプライアンス・プログラムを作成し、業務および個人情報の取扱について綿密なヒアリングなどによって、個人情報の取扱い段階ごとのリスクを洗出します。
さらに、個人情報保護を実現するために、リスクヘッジの施策として弾力性をもったプログラムを設計するなど、プライバシーマーク取得を確実に、スムーズに、そして素早く実現させるサポートをする会社です。

プライバシーマークの取得が重要視されてきた今、申請に関わる文書整備および事務手続きのアドバイス、現地審査および現地審査後の指摘事項への対応等、プライバシーマーク取得までの継続したコンサルティングをおこなう会社の需要も伸びています。

最新記事