プライバシーマークとは

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページプライバシーマークプライバシーマークとは

プライバシーマーク

プライバシーマークとは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者に対して、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)により使用を認められる登録商標(サービスマーク)のことです。

プライバシーマークは、Pマークと略して呼ばれることもあり、1998年4月より付与が開始されました。

は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が行っている「個人情報保護に関する事業者認定制度」の旨を示すロゴマークです。

プライバシーマーク取得を認定されれば、このマークを自社のパンフレットやウェブサイトなど公の場で使用することができ、個人情報の安全な取り扱いを社会に対してアピールすることができます。

現在約5,000社以上の事業者がプライバシーマークを取得しています。

個人情報とは、直接/間接を問わず個人を特定できる情報です。

電子化された情報はもちろんのこと、紙のものも含みますし、画像や音声データも含んでます。

現在は、インターネットショッピングをする際や各種登録をする際に、画面に個人情報を入力していきます。

それは、名前や住所であったり、年齢や性別、電話番号そのほかメールアドレスやクレジットカードの番号といった個人の情報を様々な会社に知らせているわけです。

また、個人の秘密事項などを扱ったデータなどもそうですが、最近ではそれが様々な手口で漏洩し、全く他人の手に渡り、本人の知らない間に合意もなく使われている事態が起こっています。

それは、個人のプライバシーの侵害の他、個人の生活に大きな被害をもたらすことさえあります。

こういった世の中で、リスクに応じた 安全管理の措置をしっかりとり個人情報を保護する事業所は信頼が寄せら
れます。

そのためにも、プライバシーマークを取得しようとする事業者は増えているわけです。

最新記事