報道機関は個人情報保護法の適用を受けない

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法適正な取得報道機関は個人情報保護法の適用を受けない

個人情報保護法適正な取得

報道機関、著述・出版を業とするもの、学術研究団体、宗教団体、政治団体においては、個人情報保護法の適用を受けません。

「表現の自由」「学問の自由」「信教の自由」「政治活動」の自由については、日本国憲法で保障されていますので、これらの自由活動自体は個人情報保護法の適用外となります。

たとえば、芸能人のスクープを取材し、その芸能人のスクープと個人情報を週刊誌に掲載したとしても、表現・言論の自由が優先され、個人情報保護法の適用外となります。

ただし、その芸能人のプライバシーを侵害した場合は、別の法律に抵触します。

最新記事