委託先の業者から個人情報が漏洩したら

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法安全管理措置委託先の業者から個人情報が漏洩したら

個人情報保護法安全管理措置

委託先の業者から個人情報が漏洩したとしても、委託した会社は、事実関係を公表するなど責任ある対応を取る必要があります。

委託先の業者とは業務委託契約を締結し、トラブルに備えます。

給与計算や書類の廃棄、データの入力、保管など、外部業者に業務を委託する会社が増えてきています。

それらの外部業者に対して、委託した会社は、個人情報保護法上、個人データの安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行う義務を負っています。

このことにより、外部業者から個人情報が漏洩したとしても、委託した会社にも責任が生じてきます。

最新記事