個人情報開示のリスクを低減するために

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法開示個人情報開示のリスクを低減するために

個人情報保護法開示

個人情報保護法では、情報提供者本人から請求があれば、保有個人データを遅延なく開示しなければならないとしています。

それでは、個人情報開示を求められた場合、どのような対応をすればよいでしょうか?

顧客になりすました人から個人情報開示を求められ、不用意に漏洩してしまうリスクが伴います。

個人情報の漏洩リスクを低減するために、本人確認を確実に行うことがポイントとなります。

本人確認については、経済産業省のガイドラインに具体的な記載があり、その中では、来所あるいは郵送、FAXで各種身分証明書の提示を求める方法が紹介されています。

本人確認用のマニュアルを作成し、適切な対応を取れば、万が一なりすましによる個人情報漏洩が発覚した場合でも会社の責任が軽減される可能性が高くなります。

最新記事