夏休み前にセキュリティ対策の確認を

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法関連ニュース夏休み前にセキュリティ対策の確認を

個人情報保護法関連ニュース

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)から夏休み前の情報セキュリティ対策の注意が喚起されています。

お盆休みや夏休みなどの長期休暇中にトラブルが発生した場合、対処が遅れて大きな被害になる可能性があります。

また、スパイウェアなど、新たな脅威の出現により、ユーザ ID とパスワードが盗まれて、金銭的な実害に遭うケースも発生しています。

これらの被害に遭わないよう、ウイルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフトの利用、セキュリティ上の弱点(ぜい弱性)の解消などの技術的な対策を実施するとともに、騙しのテクニックに安易に騙されないよう、細心の注意を払うようにしてください。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert180804.html
最新記事