個人情報の開示を拒否できる条件

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法開示個人情報の開示を拒否できる条件

個人情報保護法開示

個人情報の開示を拒否できる条件にはどのようなことがありますか?


一部分だけが当てはまるようなケースでは、その部分だけを見えないようにして、残りの部分は開示するのが原則です。

開示しない場合は、なぜ開示しないのか理由を本人に説明するように努めなければなりません。ただし、開示を拒否し、その理由を説明することによって、保有個人データが存在することが発覚してしまうことがあります。

このようなときは、個人データの存否が明らかになることで、本人または第三者の生命、身体または財産に危害が及ぶ恐れがあるものに該当すると考えられます。

したがって、開示を求められても保有していないと回答していいことになっています。


最新記事