OECD8原則とは

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法OECD8原則とは

個人情報保護法

OECD8原則って何ですか?


1980年9月23日にOECD(経済協力開発機構)の理事会で採択された「プライバシー保護と個人データの国際流通についての勧告」の中に記述されている8つの原則のことです。

国際的な情報化が進む中で、各国の法制度に差があると各国間の情報の流通に支障をきたしてしまいます。また、IT社会の進展に伴い、個人情報やプライバシーの保護に関する社会的要請が強まり、それに対して新たな法整備をする際の国際的なガイドラインとしてこれらの原則が提唱されました。

具体的な内容は以下の通りです。

ー集制限の原則:適法・公正な手段により、かつ情報主体に通知又は同意を得て収集されるべき

▲如璽親睛討慮饗А利用目的に沿ったもので、かつ、正確、完全、最新であるべき

L榲明確化の原則:収集目的を明確にし、データ利用は収集目的に合致するべき

ね用制限の原則:データ主体の同意がある場合、法律の規定による場合以外は目的以外に利用使用してはならない

グ汰簡欷遒慮饗АЧ舁的安全保障措置により、紛失・破壊・使用・修正・開示等から保護するべき

Ω開の原則:データ収集の実施方針等を公開し、データの存在、利用目的、管理者等を明示するべき

Ц朕融臆辰慮饗АЪ己に関するデータの所在及び内容を確認させ、又は意義申し立てを保証すべき

╂嫻い慮饗АТ浜者は諸原則実施の責任を有する

最新記事