個人情報の開示

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法開示個人情報の開示

個人情報保護法開示

本人から個人情報の開示を求められたらどうすればよいですか?


個人情報取扱事業者は、本人から自分のデータについて開示を求められたら、そのデータを本人に開示しなければなりません。

開示の仕方は、書面による交付が基本となりますが、本人の同意を得られれば、電子メールや電話などの代替手段でもよいことになっています。

書面で開示した場合は、開示した証拠を残すために、書留郵便を利用する、手渡しで受領の署名をもらうなどの方法が確実です。

また、開示を求められている本人のデータを保有していない場合は、その旨を通知します。この場合の伝達手段は特に定められていません。

最新記事