個人情報保護法違反時の罰則

個人情報保護法を分かりやすく解説します。

トップページ個人情報保護法罰則個人情報保護法違反時の罰則

個人情報保護法罰則

個人情報保護法に違反するとどうなりますか?


個人情報取扱事業者が個人情報保護法に違反した場合は、主務大臣から行政監督がなされます。

その監督指示に従わない場合、事業者に対して、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

主務大臣は、勧告→命令→緊急命令と順序を追って解決を図ります。

個人情報保護法に違反した場合、事業者にとって損害が大きいのは法律の罰則よりもむしろ賠償責任や社会的信用の失墜です。

最新記事